9年経過のありがとう。

わが家の文鳥鳥が、ペットショップから迎えて9年を経過しました。

今年の1月10日付け記事「今年の主役」で紹介した子です。

今年は、酉年ですもんね。

名前は「ぶんちゃん」、これはペットショップにいるときにすでについていました。

そして、「よく馴れたイチオシの子です」との紹介の札がついていました。

性別は、メス女の子です。

 

あれから9年。

生後3ヶ月くらいでわが家に来たので、年齢的には9歳と3ヶ月くらいです。

文鳥の寿命は6〜8年と紹介されていることが多いので、

ぶんちゃん」は、人間でいうと押しも押されぬ後期高齢者です。

それ故か、衰えを感じることがあります。

今、年に一度の羽の生え換わりの最中なのですが、

数年前までは、1ヶ月もあればキレイな姿になっていたのが、

今年は、かれこれ2ヶ月が来ようかというのに、

まだ羽が生えそろわず、ちょっとみすぼらしい姿になっています。

 

飛ぶ能力も落ちていて、鳥カゴ鳥かごから外に出してやっても、

自分が思うところまで飛び切れず、不時着することが多いですダウン

過日ラジオラジオを聞いていたら、「老いるショック」と言った言葉を耳にしましたが、

ぶんちゃん」自身も、能力が落ちたことを感じているんでしょう、

とても臆病になったり、神経質になったりしています。

寝ている時間も長いです寝る寝る

 

元気なときはカゴから出すと、

私の肩か手の上にいるのが好きで、

飛び立ってもまた肩や手に戻ってきてくれる、

私にとっては恋人のような子カップル(妻も公認)。

寒暖の差、エサや飲み水に注意しながら、

まずは羽が早くキレイに生え換わるよう願っているところです。

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

 

   「食育のススメ 2017 春号」(発行:広島市PTA協議会)の8ページと9ページに

    広島県進学アカデミーのことが載っています。

    広島県進学アカデミーは、広島県下全域山口県岩国市をカバーしていますポイント

カテゴリ:わが家の家族(生き物) | 17:45 | - | - | -
アゲハチョウの思い出

私は、東京で過ごした昭和の学生時代、

大学のサークルで、小学生ランドセルを相手に、

    普段の日曜日は、ゲームや図画・工作をしたり、遠足弁当に行ったり、

    夏休みは泊りがけで臨海学校水泳に連れて行ったり、

    冬にはクリスマス会クリスマスをしたり、

といった活動をしていました。

ある時、文集を作ろう、学生も何か書くという話になりました鉛筆

以下は、どうでもいいのですが、その時の私の作文です。

大学生の私が、小学生の頃のことを思い出しながら書きました。

(そして、オジサンになった私が、今また思い出しながら記事を書いています。)

 

              アゲハチョウの思い出ハート

 

    ボクは、小学生の頃、毎年初夏になると、アゲハチョウチョウチョを育てました。

    カラタチの木のあるところに行き、卵や幼虫芋虫を取っては、家で育てました。

 

    幼虫の食べ物は、カラタチの葉葉でした。

    小さな幼虫には、大きな硬い葉は食べられません。

    小さな幼虫には、小さくて柔らかい葉を、

    大きな幼虫には、大きな葉を、分けて与えてやりました。

 

    ボクは、幼虫がカラタチの葉を食べる姿を見るのが好きでした。

    幼虫は、葉を沢山食べました。

    ものすごい勢いで食べました。

    ボクが取って来た葉を美味しそうに食べてくれる、

    それがボクにはとても嬉しいことだったのでした。

 

    やがて幼虫は、サナギになり、アゲハチョウになりました。

    ボクは、成虫になったアゲハチョウを眺めるのが好きでした。

    あの芋虫芋虫が、どうしてこんなにキレイなアゲハチョウになるのだろうチョウチョ

    それがボクにはとても不思議なことだったのでした。

 

    成虫になったアゲハチョウを、

    いつまでも飼育ケースの中に閉じ込めていくわけにはいきません。

    しばらく眺めたら、みんな空空に放しました。

    ボクは、飛んで行くアゲハチョウを見送るのが好きでしたバイバイ

    お別れで寂しいけど、ボクが育てたチョウが空を舞う空

    それがボクにはとても誇らしいことだったのでした。

 

    思い出をくれたカラタチの木は今はなく、そこには大きなマンションマンションが建っています。

 

楽しい思い出を沢山くれた子ども相手のサークル女の子も、

時代の流れ〜事件や事故が増え、何かあった時の対応が学生では難しくなった〜でしょうか、

消滅して久しいそうです。

実家家近所でアゲハチョウが飛んでいるのを見ると、

昔、自分が空に放したアゲハチョウの子孫かなと思いながら、

目で追いかけている私メガネがいます。

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

 

  「食育のススメ 2017 春号」(発行:広島市PTA協議会)の8ページと9ページに、

   広島県進学アカデミーのことが載っています。 

   広島県進学アカデミーは、広島県下全域山口県岩国市をカバーしていますポイント

カテゴリ:- | 18:26 | - | - | -
お出かけ

ゴールデンウイークは、皆さんどこかにお出かけなさいましたか。

私は、どこへも行きませんでしたが、

ゴールデンウイークが明けてから、妻と豊田郡大崎上島へ行ってきました。

妻の父方のお墓があるのです。

 

東広島市安芸津町の港波から、約40分フェリー船に乗っていると、

広島市内と比較して、

時間がゆっくり流れ、出会う人も大らかな大崎上島の海の玄関の一つ、大西港に着きます。

そこから、亡き義父のお墓参りと4軒の親戚回りをします。

今回は15人以上の人と言葉を交わしたでしょうか。

皆さん、明るく朗らか大らかで、時間もゆっくり流れます。

柑橘ミカンやブルーベリーブルーベリー栽培が盛んで、

秋や冬に行くと、ミカンを主食に出来るくらいいただきます。

今回は甘夏を沢山いただきました。

自家製のブルーベリージャムジャムもいただきました。

 

複数のテレビ局テレビが取材に来たことがあるような美味しいラーメン屋さんラーメンもありますが、

お昼ごはん、今回は、親戚の人と一緒に日本料理屋さんで定食を食べました。

天ぷら天ぷらにしても、お刺身にしても、海の幸のもの魚が舌なめずりものですピース

とりたてて観光名所があるわけではなく、人口も減少しているとのことですが、

に囲まれ、がいっぱいの島。

私は、人と接するのはもちろん、

ぼんやり空気を吸うだけでもホッとできるこの島に行くのが大好きです大好き

 

今回こそ前回行ってから1年以上たっていましたが、

妻と結婚して20数年、平均すると年に2回は行っているので、

今回で50回目くらいになろうかと思います。

何回行っても「飽きる」という言葉とは無縁で、

心が温かくなって元気になって島をあとにします。

妻に感謝しないといけないですね感謝

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

 

   「食育のススメ 2017 春号」(発行:広島市PTA協議会)の8ページと9ページに

    広島県進学アカデミーのことが載っています。

    広島県進学アカデミーは、広島県下全域山口県岩国市をカバーしていますポイント

 

 

カテゴリ:- | 18:02 | - | - | -
わが家の猫のこと

平成25年夏夏、南区の比治山公園の原っぱ草で出会った、

片目から血を涙のように流していたノラの子猫(「ふーたん」と命名)猫の話の続きです。

動物病院病院へ連れて行ったところ、

悪い方の目は摘出しないと、

細菌が全身に回って遅かれ早かれ死んでしまうでしょうと言われ、

摘出手術を受けさせたところまで、前回3月21日付けの記事で書きました。

 

片目を摘出した傷跡は縫合してあったので、

あとは、2週間後に抜糸をしてもらいに行けばいいだけだったのですが、

ここで予定外のことが発生。

3日目くらいから、傷口にオレンジ色の汁がにじむようになりました。

そして、ほどなく、その汁が床にしたたり落ちるようになりました涙

 

妻が動物病院に電話電話

おそらく化膿が始まっているから、

なるべく早く連れて来て下さいとのこと。

連れて行った妻によると、すぐに抜糸。

傷口を開き、注射器のようなもの注射で分泌液を吸い出し、洗浄・消毒。

約560グラム、ノラで栄養状態の悪かった「ふーたん」は暴れるほどの力も乏しく、

いかにも痛そうな治療を受けたそうです泣く

 

そして、数日は毎日、

その後、2日に1回、3日に1回と間隔を空けながら、

傷口が化膿・悪化しないように、

分泌物の吸い出し、洗浄・消毒のために通院することになりました。

途中、病院のお盆休みの期間麦わら帽子と重なりましたが、

特別に診ますとのことで、連れて行きました。

 

家では、子猫用のミルクミルクを与えながら、

妻と共同作業で薬を飲ませました薬

ノラ時代は、小さい男の子たち男の子から、

「こいつ、目が変になっとる」と言われ、

口は「ニャア」と鳴くように動かしても、相変わらず声の出ない子。

「ふーたん」にとって生きていくことは大変なこと。

ここまで来たら、私たち夫婦にとっても、

小さくても温かい「ふーたん」の身体が、

冷たく動かなくならないように守ることの責任を感じ、

「頑張れ」と声をかけながら、世話を続ける日々でした祈り

 

今回はこれくらいとし、続きはまたの機会に譲りたいと思います。

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

 

   「食育のススメ 2017 春号」(発行:広島市PTA協議会)の8ページと9ページに

    広島県進学アカデミーのことが載っていますポイント

    広島県進学アカデミーは、広島県下全域山口県岩国市をカバーしています。

 

 

カテゴリ:わが家の家族(生き物) | 14:25 | - | - | -
昭和の日、みどりの日

もうすぐ、ゴールデンウイーク風船ですね。

その初日、4月29日と聞くと、皆さんは何の日のイメージが強いですか。

私はしばらく「天皇誕生日(昭和天皇)」でした。

みどりの日」の時代(平成元年・1989年〜平成18年・2006年)もありましたが、

なかなかピンと来ませんでしたポカン

今の「昭和の日」は、個人的にだいぶ定着してきました。

やはり、昭和人間ですね照れる

 

一度4月29日に指定された「みどりの日」が、

前述の時代以降に移った先が5月4日です。

元々、5月4日は平日でした汗

それが1986年から「国民の祝日」としてお休みの日休みとなっていたところに、

2007年から、4月29日を追い出された「みどりの日」が5月4日に収まりました。

 

ちなみに「国民の祝日に関する法律」によるとおまわりさん

4月29日「昭和の日」の趣旨は、

「激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」日、

5月4日「みどりの日」の趣旨は、

「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し豊かな心を育む」日、だそうです本

 

何の日がいつ出来ようが、どんな趣旨だろうが、

堅苦しい話はさておき、休日・祝日が多いことは嬉しいこと嬉しいですね。

ゴールデンウイークという言葉の響きに、

何歳になっても、特別な予定はなくても、ワクワクするワクワクような感覚を抱くのは私だけでしょうか。

 

皆さま、楽しいゴールデンウイークをお過ごしになられますように。

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

 

  「食育のススメ 2017 春号」(発行:広島市PTA協議会)の8ページと9ページに、

  広島県進学アカデミーのことが載っていますポイント

  広島県進学アカデミーは、広島県下全域山口県岩国市をカバーしています。

 

カテゴリ:- | 12:31 | - | - | -
忘れ物の話

先日、マンションの立体駐車場駐車場から車車を出そうとしたら、

前の方が使われた立体駐車場のキーが、

その他の鍵と一緒にキーホルダーごと残っていたので管理人室に届けました。

人のことは何も言えない、

かくいう私もよく忘れ物をするのですやったー

家を出る時もそうですが、出かけた先でもよくします。

家庭教師の仕事をするようになってからは、

訪問先のご家庭でよくするようになりました。

 

よくあるのは、筆箱、筆記用具などの文房具鉛筆

腕時計(なるべく外さないようにしているのですが)時計などです。

過去には、ジャケットジャケットや飲みかけのペットボトルのお茶ペットボトルなどを忘れたこともあります。

車の運転をするとき用のメガネメガネをつけて出かけ、

勉強をするとき用のメガネを別に持って行っていた頃は、

どちらかを忘れて帰ることもありました。

だから、今は運転用のメガネをつけて出かけるだけにしています。

  (そのため、本やプリントを見るときは、

   メガネを額の上にずらして乗せ、目を近づけて見るという、

   見事なまでの老眼スタイルになっていますオーケー

生徒さんによっては、帰り際に「先生、忘れ物はありませんか」とビシっと尋ねて下さり、

私の方が「はいっ、ありません」と答えるというシーンが見られることもありますオーケー

 

人生最大のほろ苦い思い出は、

落とし物をして警察署から連絡がありお巡りさん

受け取りに行ったのはいいけれど、

今度は傘傘を忘れて帰り(帰るときは雨が上がっていた)、

再びその警察署から連絡をもらい、受け取りに行ったことバンザイ

こんな間の抜けたことを書くと、家庭教師の依頼がなくなりそうです困る

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

 

   「食育のススメ 2017 春号」(発行:広島市PTA協議会)の8ページと9ページに、

    広島県進学アカデミーのことが載っていますポイント

    広島県進学アカデミーは、広島県下全域山口県岩国市をカバーしています。

 

 

 

カテゴリ:- | 16:53 | - | - | -
ニュースから

去年の夏夏、北海道北海道が台風台風の影響を受けたことで、

一部のポテトチップスが、

販売終了や販売休止になるとのこと残念

原料のジャガイモが不作で、

例年通りの量を確保するのが難しいようです。

私個人は、しょっちゅう食べるわけではありませんが、

手の届くところにあると、

思わず誘惑に負けてしまう、危ないほどの美味しさ美味しいですね。

いざ こういう話を聞くと、その存在感の大きさを感じますビックリ

 

ポテトチップス自体は、アメリカで生まれたお菓子女の子のようですが、

日本での生産・販売の草分け的存在なのが「カルビー」。

この会社の発祥の地は、広島市南区宇品だそうです。

そして、カルビーのポテトチップスは、

『「やめられない、止まらない」の「かっぱえびせん」』に続く大ヒット商品になりました。

 

食つながりで、ニュースをもう一つ。

広島市内の公立小中学校に通学されている児童・生徒さんのご家庭向けに配布される、

広島市PTA協議会発行「食育のススメ 2017 春号

の8ページと9ページに広島県進学アカデミーのことが載りました。

    ・広島県進学アカデミーの家庭教師がお子様を変身させる理由とは!!

    ・なぜ、相性バッチリの先生が指導に来てくれるのか!?

    ・喜びの体験談  など、

読み応え満載の内容になっています女の子

お手元にございましたら、ぜひご覧になってみてください。

 

家庭講師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

 

カテゴリ:ニュースから | 17:16 | - | - | -
お花見

広島県内の桜は、多くの地域で満開桜になったようですね。

皆さんは、どこかお花見に行かれましたか。

 

昨日、自販機の前で硬貨お金を手にしたとき、

突然、造幣局お金の桜のことを思い出しました。

大阪の造幣局の「桜の通り抜け」が毎年ように全国ニュースで映りますが、

そう言えば、広島にも佐伯区五日市に造幣局があって、

やはり「桜の通り抜け」が出来る時期がありますね。

あそこは確か八重桜桜がメインなので、

満開はもう少し後でしょうか。

 

ちなみに広島の造幣局で作られるのは、

10円玉や100円玉など、

穴のない硬貨お金がメインだとか。

そして、生徒さんに対しては、

穴を作らないようにご指導しないといけないなぁと思ったのでした。

こんな妙な?考えの流れは、職業病の一種でしょうか顔

 

私は、今年も妻と近所の南区の比治山公園公園にでも、

花見に出かけようと思っているのですが、

出かけようかと思うと天気がぐずついて雨、未だ行けていません。

早く行かないと散ってしまいそうですね。

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

カテゴリ:- | 16:58 | - | - | -
新年度

桜の開花宣言桜があったかと思えば、

昨日は冬のような寒さに逆戻りで、

広島県内でも雪が舞った雪ところもあったようです。

桜の花や蕾も、ビックリしたビックリことでしょう。

 

年があらたまったときに、よく「1年の計は元旦にあり」と言われます。

この言葉は、学年が進級するこの4月にもあてはまるような気がしますが、

皆さんはいかがですか。

 

その昔、学校の成績が下降を続けていた私泣くが、高校2年生に進級するとき、

親から「か、家庭教師か、何か考えんさい」と言われたことがありました。

「何とかせにゃぁいけんことはわかっとるよ」と私が選択したのは、通信教育でした。

それも、名の知れた通信教育が二つあったうちの、とっつきやすい方でした。

当時通学に片道約1時間かかり、うち半分近くは徒歩歩くと、

それだけでかなりくたびれたので寝る塾に行く気力はなく、

家庭教師は、アクビ寝るもしづらい堅苦しいイメージがあったので、パスでしたバンザイ

 

そんな私が、今は家庭教師をしているのだから因果なものです。

ただ、当時の自分の気持ちを覚えているので、

生徒さんには「アクビがしとうなったら遠慮なくしたらいいし、

眠とうてたまらんようになったら言ってくれたらえーよ、

少しでも寝てからしたほうが効率が上がる、起こしてあげるけん」と言って、

実際に5〜10分眠らせてあげたり、

トイレに行きたいと言われれば、

「ゆっくり行って、スッキリしてくればいいよ」と送り出したりもしています。

ちなみに私の場合は、自分で考えて選んだ4月から始めた通信教育が合っていましたピース

(おっと、家庭教師の宣伝になっていませんねピース

 

新年度になり、新学年に進級するにあたり、

児童、生徒の皆さん、保護者の方、

勉強についてどのように頑張って行こうか、頑張って行かせようかとお迷いの方も多いことと思います。

広島県進学アカデミーでは、品川代表が、無料でカウンセリング授業を行っているので、

まずは、それを受けてみられるのも選択肢の一つかと思います。

これを受けたからといって、家庭教師をつけるようになることはありません。

それより、自分なり(子どもさんなり)の、

気持ちの高め方や新たな勉強方法が見つかるかもしれません力こぶ

お気軽にご連絡いただければと思います。

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

カテゴリ:- | 16:19 | - | - | -
センバツ高校野球〜市立呉高校の健闘から〜

春のセンバツ高校野球野球、一回戦を突破した市立呉高校、

二回戦は、優勝候補である大阪・履正社高校相手に、

破れはしたものの、0−1のスコア・試合内容は、

大健闘と言っても過言ではないですね拍手

 

今回は、呉にちなんだ話題に触れてみたいと思います。

高校野球では、昭和9年夏の甲子園大会で、現在呉港高校全国優勝優勝しています。

明治時代、路面電車電車が、広島市よりも早く開通しました(昭和42年廃止)。

戦前、戦中は、軍都・海軍の街として発展、昭和18年には人口が40万人を超え、

全国10大都市(全国第ビックリ)の中に入りました。

戦艦大和生誕の地であることはとても有名ですが、

他にも誕生したのが「万年筆」、「ボールペン」。

万年筆の誕生は、呉が海軍の街だったことと関係があり、

軍事技術や航海技術を勉強するために、

呉の街から欧米に留学した将校さんたちが、

持ち帰ったお土産の中に万年筆があったことがきっかけで、

国産初の万年筆が作られるようになりました。

その名も、海軍の街にちなんで「セーラー万年筆」。

その後、この会社は日本で初めてのボールペンを発売しました。

(ちなみに、この会社は、本社を東京に移してからは、

「筆ペン」を発明・発売しました。)

最近では、大ヒット映画「この世界の片隅に」が呉が舞台ですね。

 

進学アカデミーの会員様も非常に多い呉の街。

地元の誇りを胸に頑張ってください。

もちろん、他の地域にお住まいの皆さんも。

 

※ なお、この記事の作成にあたっては、

  「広島学」(岩中祥史 著・新潮文庫)を参考にさせていただきました。

 

家庭教師の広島県進学アカデミー・講師 田中慎一

 

カテゴリ:ニュースから | 17:32 | - | - | -
| 1/22PAGES | >>